製品・技術開発助成2017年09月15日


製品開発や技術開発の支援を行っています

激しい国際競争の中、さらに高度な技術開発や製品開発は、高付加価値化に貢献する大切な取組みであり、新規販路開拓にも繋がる可能性が高いため、当所では技術開発振興協会と連携し開発に対する助成金事業「ものづくりチャレンジ支援事業」を行っています。

ものづくりチャレンジ支援事業は新たな製品や技術の企画開発・研究に取り組む企業に助成する「一般枠」(費用の2/3・上限300万円)、生産技術の開発・改良に取り組む企業に助成する「生産改善枠」(費用の2/3・上限50万円)、大学などと連携した研究開発に取り組む企業に助成する「産学共同研究枠」(費用の2/3・上限300万円)があります。


ものづくりチャレンジ支援事業(一般枠)

monocharange1

新たな市場開拓を目的に、高度な技術に裏打ちされた高付加価値で高品質な製品や技術の開発に取り組む企業に対し、研究開発に要する費用の2/3(上限300万円)を助成し支援します。

趣旨、対象企業、対象経費、手続き等、詳しくは柏崎技術開発振興協会のページをご覧ください。

右の画像からもリンクしています。

ものづくりチャレンジ支援事業(生産技術枠)

ものづくりチャレンジ生産技術枠

生産の省力化や効率化及び高精度化など、生産効率や品質の向上を目的に自社生産設備や技術の改良を行う企業に対し、改良や改造に要する費用の1/2(上限50万円)を助成し支援します。

趣旨、対象企業、対象経費、手続き等、詳しくは柏崎技術開発振興協会のページをご覧ください。

右の画像からもリンクしています。


ものづくりチャレンジ支援事業(産学共同研究枠)

ものづくりチャレンジ産学共同

新たな市場開拓を目的に、大学等の研究機関と連携した共同研究により新製品開発に取り組む企業に対し、研究開発に要する費用の2/3(上限300万円)を助成し支援します。

趣旨、対象企業、対象経費、手続き等、詳しくは柏崎技術開発振興協会のページをご覧ください。

右の画像からもリンクしています。

ページトップ