【お知らせ】「設備投資の際に得する2つの制度」の申請をお手伝いします。2018年08月07日


申請にあたっては、柏崎商工会議所ほか、各認定支援機関がサポートします。

「経営力向上計画」は、申請書はたったの2枚。
  人材育成、コスト管理等のマネジメントの向上や、設備投資等により事業者の生産性を向上させるための計画です。
  具体的には、現状認識、目標、取組内容などを記載する、実質2枚の様式により策定します。
 <認定によるメリット>
  ・国の各種補助金の優先採択
  ・計画に基づいて設備投資を行った場合の設備に関して、固定資産税が3年間半分
  ・法人税について、即時償却(設備を全額経費処理)、取得価額の約11.45%の税額控除
  ・日本政策金融公庫、商工中金の低金利融資、保障協会つきの融資の場合の保証枠の拡大

「先端設備等導入計画」今年6月に国で法制化→現在、柏崎市で申請受付中!
  市町村の判断により、新規取得設備の固定資産税が、最大3年間ゼロになります。 
 <ポイント>
  ・生産性向上特別措置法の成立・施行を受ける「導入促進基本計画」の同意を受けた地域に所在している中小企業が対象
  ・年率3%以上の労働生産性の向上を見込む「先端設備等導入計画」の認定を受けた設備投資が対象
  ・固定資産税の特例率をゼロと措置した地域で、本措置対象の事業者等は、
   各種補助金において、その点も加味した優先採択

【詳細】↓
設備投資の際に得する2つの制度



【お問い合わせ先】
 柏崎商工会議所中小企業相談所 tel 0257-22-3161   FAX 0257-22-3570
 soudan@kashiwazakicci.or.jp

ページトップ